フライ

釣り歴は長く色んな釣りをするんですが、その中でずっと続いてるのが
フライです。 初めての方などは難しい釣りとして認識されているのがほとんどだと
思いますが、現場に行って1日やってたらどうにか形になるもんです♪
とにかくキャストが出来ればあとは何とかなりますw
ただ、この理論が通じるのは管理釣り場や野池・河川などで、渓流でアマゴやイワナ
を狙うとなると少し事情が変わってきます。
 
とにかくフライに慣れるには管理釣り場に行ってニジマスなどを狙うのが良いのですが
大抵の方は「釣れない」という経験をされているのではないかと思います。
その理由として魚のいるレーンを通ってないとかアタリが分からない。フッキングのタイミング
分からないと多々あると思いますが、一番の原因は市販されているフライ(毛針)です。
かくいう私もそうでした。 それが発端で自分でフライを巻く様になったのですが
それからは技術云々では無くフライのおかげで釣れるようになりました。
私が初心者の時に作ったフライで釣れたんですから、みなさんも釣れます!w
 
それを少し紹介したいと思います。
 
 
 
管理釣り場で最強の威力を発揮するニンフです。
 
ボディはビニール製のチューブで巻いてあります。
このチューブはフライ専門店に行くと、ほぼ間違いなく置いてあります。 頭の金も店にあります。
この金は重り代わりなのとニジマスは金が好きみたいで、付いてる付いてないで雲泥の差が出ます。
チューブ巻きなので仕上がりは綺麗とは言えませんが効果は確実に良いです。
チューブでなくファー(ウサギの毛)などで巻く場合は浮力が出るので中に重りを仕込んで下さい。
 ※ 市販品は重りが入っておりません。 ニンフに重りを仕込む方が操作性も確実に良いです。
 
 
 
ドライフライです。
 
こちらも管理釣り場用として使っているドライですが主にパラシュート型です。
これは水深が浅い場合や朝・夕の間詰め時に使用します。
あくまでサイトフィッシングになるのでパラシュートは明るめにして下さい。
 ※ 写真のものは全て自作品ですが、ドライの場合は市販品でも大丈夫です。
 
 
 
アント(蟻)                               ニンフ
 
この2種は食いが悪い時の必殺フライですw
もちろん自作品です。
 
作り方が解れば色んなフライが作れます。
材料もわざわざ買わなくても鳩の羽なんかを拾って来て作っても十分です。
私は良く山に行くので、その時に拾った山鳩やキジの羽を使っています。
 
フライフィッシングを始められた方は是非一度試してみて下さい!
釣果が断然変わりますよ♪
 
 
 
広告

~ by shikachin : 2008年12月8日.

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中

 
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。