トノサマガエル

先週土曜日の話です。
少し時間がありまして、散策していると山側に登山道とは思えぬ道を発見。
普段から良く来る場所なんですが少し気になって登ってみました。
 
鳥居があるからには稲荷でもあるんでしょう・・・         結構上から見下ろした金仙寺湖(西宮市)
傾いてて倒れそうですw
 
この道の入り口がなんとも分かり難い感じでして今まで分からなかったんですが登り始めると意外と道は開けてました。
しかし・・・ 参道というよりは少し違うような雰囲気も・・・
 
 
 
というのは!
 
なんとなく城壁っぽい石垣。
 
こんなのが、まばらですが点在してます。
ん・・・ 鳥居からして稲荷系なんでしょうが、城好きとしては何か引っ掛かりますw
そして一番驚いたのが!
 
 
 
トノサマ蛙
 
こんな標高のある場所で、しかもこんな寒いのに冬眠もせずに何してんのー!?w
と思わず声を掛けてしまいましたw
結局見掛けた生き物は、このトノサマ蛙だけだったんですが季節的にもインパクト十分です!w
 
 
そして結局、この道の先にあったのは・・・・
 
 
 
 
室町時代に建造した城の跡がありましたw
隣に小さな稲荷神社もありました♪ しかし、あちこちに城跡があるのは知ってますがここにあったというのは
ちょっと驚き。
 
この城跡といい トノサマ蛙の散歩といい 
微妙に驚く日でありました。
 
しかし見慣れたトノサマ蛙も、この季節に改めて見ると何故か嬉しく思えます。
 
 
 
 
広告

~ by shikachin : 2008年12月18日.

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中

 
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。