さよ~なら~♪

カスミサンショウウオの幼生とニホンアカガエルのオタマを先日捕獲した
地に再び一部を放流のため行きました。
 
 
カスミサンショウウオの幼生                      ニホンアカガエルのオタマ
 
前回採取した場所と同じ所です。
 
両生類の放流と聞いて敏感な方はツボカビ病の事を思い浮かべるでしょうが、正直なところ自分も
危険性0とは思っていません。 下手すると棲息地域を全滅に追いやる可能性もありますし。
しかし幸い我が家では外国産の両生類は飼育したことが無いので確率的に低いとは思いますが・・・
以前なら素直に放流してやったと言ったら良いことだったのに難しくなりました。
やはりやたらと捕獲して持ち帰るのは避けるべきなんでしょうねぇ。
ホント難しい問題です・・・。
 
 
 
ミズムシ                                 カスミサンショウウオの幼生
 
ついでにせっかくなので餌捕りをしました。
狙いはミズムシ♪ 両生類にとってこの餌は良いですね~ 水陸両用だし放置してると勝手に増えるしw
良いことづくめです。
 
で、何度となくミズムシと一緒に網へ入るのが写真右の幼生。
大きさからして3月末頃に産卵されたんでしょうねぇ。実は3月半ば頃にこの辺りでも網を入れてみたのですが
卵嚢すら出ませんでしたので、その後に産まれたのは間違いないと思います。
なんか・・・ サンショウウオ・・・ 結構たくさんいるな?w というのが率直な感想ですw
まぁこの後、段々と淘汰されていくのでしょうが・・・。
 
 
 
 
ちなみに我が家の幼生。
 
平均して4cmを超えてます。
慌てて移動する時以外は4本足で歩くのがほとんどです。 餌はイトメと冷凍赤虫を交互に与えております。
首の辺りがくびれて色も黒っぽくなってきましたので、そろそろ上陸に備えて陸場が必要かも?
 
今のところ共喰いもなく(尻尾かじられてるのはいましたが・・・)残したのは全て無事に成体に
なって欲しいです!
 
 
 
 

 
広告

~ by shikachin : 2010年4月21日.

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中

 
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。