あれれ・・・?

ひと月ほど前、会社の方からカブトムシをたくさん頂き、甥や近所の子供達に分けて
あげたのですが、さすが繁殖力世界一という国産カブトだけあって、たった一日しか
いなかったカブトマットに卵を産み落とし幼虫が数匹プラケの底に見えました。
放置してたのもあってマットがかなり減っておりましたので、エレファスに使用してた
マットを流用しようとしたところ! 底にデカイ物体発見!w
 
おぃおぃおぃ・・・
エレファスは今回で打ち切り予定で繁殖はさせておりませんでした。
じゃあ何故こうなったのか・・・・
エレファスゾウカブトは国産カブトと違い羽化してすぐ交尾なんてありえません。
なので、しばし♂♀同居してた時期があるにはあったんですが、そんなに早く成熟
するものなのか・・・? 通常、羽化してから最低でも2週間は熟成期間が必要なので
本来ならば早熟の♂が♀を襲わないように隔離してるのを今回はしていませんでした。
でも原因はこれしか有り得んよなぁ・・・w
 
 
 
 
結構デカくなってる! まさかこんなデカい幼虫がいるとは・・・
 
とりあえず世話するしかないので新たに水槽を組直しましたが、そんなに数がいる訳では
ないので国産カブトの幼虫と同居です。
 
 
 
 
左:エレファスゾウカブト  右:国産カブト
 
互いにまだ成長しますが、こうやって見るとやはりゾウカブトの幼虫はデカイ!
そりゃ衣装ケースいくつも必要になりますわぁ~w
 
という事で後2年はエレファスの飼育続行となりました♪
 
 
 
 
 
 
 
 
広告

~ by shikachin : 2010年9月17日.

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中

 
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。